動物の勃起不全(ED)

2009年7月 4日 09:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

勃起不全は哺乳類をはじめ、体内受精する生物で、外部生殖器として陰茎を持つ場合は起こる可能性があります。良く研究されているのは、家畜やペットにおけるEDであり、場合によっては種の存続が危ぶまれることもあります。

勃起不全の好例として、競走馬のケースが挙げられますが、この場合脊椎異常などを原因とする、神経機能障害であるとされています。人でも脊髄損傷や末梢神経の異常により、EDが引き起こされることがあります。

高等哺乳類では、発情により陰茎の海綿体の血流量が増えることで勃起するとされており、これを補助するため、陰茎骨とよばれる骨があることもあります。陰茎骨は筋肉によって、陰茎を伸ばす働きをしています。勃起不全は、家畜の場合種の存続を脅かす症状であることから、交尾によらない人工授精技術が確立されています。

また先天的な異常(肥満など)により、交尾ができない場合もあります。野生動物ではそういった個体は繁殖時に自然淘汰され、EDなどの悪い影響を後世に残さないようになっています。

EDは人格を持つ「人」の勃起不全に用いられる言葉です。生活習慣病や精神衛生上が絡み合った複雑な病気と考えられています。症状が軽いうちに相談すれば根治できるので、医師など専門機関に相談することが大切です。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

動物の勃起不全(ED)
高等哺乳類では、発情により陰茎の海綿体の血流量が増えることで勃起するとされており、これを補助するため、陰茎骨とよばれる骨があることもあります。
性欲の高まる時間帯でED(勃起不全)を防ぐ
勃起不全となる心因的要因には、ストレスがあり、マンネリズムに起因することが多いとされています。
クーリッジ効果でED(勃起不全)を防ぐ
具体的には、EDの予防・改善と称してパートナーに理解を求め、"夜でなく明るいうちに・・・"や"旅先で・・・"など、シチュエーションに変化を求めることです。
ED(勃起不全)患者はどれくらいいるのか
勃起不全患者は世界的に見ても先進国の間では、男性のうち1割がEDの悩みを持っているとされています。日本では医療機関の調査で、30~70歳までの男性のうち20%、つまり5人に1人が中程度以上の勃起不全を持っているとの報告がなされました。
ED(勃起不全)を防いでくれる食物
勃起不全の予防・改善に定評があるのは、アルギニンもあげられ、山芋やレンコンなどの、粘りの強い根菜類も精がつくと食されてきました。
ED(勃起不全)を防いでくれる亜鉛
亜鉛は核酸(DNAやRNA)の合成に深い関わりがあり、タンパク質の合成も担っており、前立腺に多く含まれています。
ED(勃起不全)を防いでくれるセレン
セレンはアルギニンと同様に、精子中に多く含まれ、摂取したセレンの3割前後が生殖器に含まれています。
ED(勃起不全)を防いでくれるアルギニン
勃起不全の肉体的要素に効果があると、栄養学的に定評があるのが、"アルギニン"で、これを多く含む、山芋やレンコンなどの根菜類が昔から食べられてきました。
ED(勃起不全)を解消すれば長生きできる
EDに見舞われて初めて感じる場合も多いのですが、性的行為にはストレスを発散し、免疫力を高めてくれる役目があります。これには脳内の神経伝達物質である"β-エンドルフィン"が大きく関与しています。
勃起補助具でED(勃起不全)を防ぐ
EDの簡単な改善・治療法として コックリング があげられ、勃起を維持できなくなった場合、陰茎の根元へ装着するだけになっています。コンドーム脱落防止と称して、コンドームと一体化している場合が多いようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/781

コメントする